ファスティングと酵素の必要性

ファスティングとは?

最近、流行っているファスティング。

日本語では、”断食”の意味ですが、どちらかというと日本で昔から修行僧が行っているようなストイックな断食ではなく、もっと気軽に行える方法のようです。

週末断食なんて言われたりもしますが、一定期間の食事を抜く事でダイエットや身体の調子を整える方法という印象があります。

サラリーマンやOLが平日の食べ過ぎや飲み過ぎをリセットする為に行う週末断食以外にも、3日断食、一週間、一ヶ月、それ以上の長い期間など、色々な期間のファスティングがあります。

ただ、普段しっかり食べている人が2日や3日程度のファスティングを行っても、カロリー調整が出来る程度で大きく身体に変化がもたらされる事は無いようです。

ファスティングを行う本来の目的は、食べる量を抑えることで脂肪を燃焼させるダイエット効果や結果的に美肌にも良いということではなく、酵素の消費を抑えて代謝を高める事だという印象があります。

健康や長生きの為に時々食事をしないのも良いらしい

毎日しっかり食べるというのは、栄養を吸収するというプラスの意味では、健康に近づける事や維持する事に繋がる気がしますが、実際は、そうとも限らないようです。

時々抜く生活を続けた方が身体への負担が減り、その分、身体の回復に機能を使う事ができるので良かったりするようです。

とある動物園で週一でエサを与えない日を作るそうですが、そうする事で他の動物園よりも動物たちの平均寿命が長くなっているという情報もある程、時々食事を摂らない日を作るというのは、身体にとっては、マイナスではなくプラスとなる事の証明です。

実際に様々な動物での研究もこなれていて、病気を抱えているラットの食事量を抑えると病気が改善する働きが確認されていたり、小さな虫から動物まで共通して、常に満腹状態まで食べたグループよりも装置て寿命が長かったというデータがあるようです。

胃の大きさを戻す為にも

胃袋は、食べれば食べる程大きくなります。
そして、大きくなればなるほど、満腹のスイッチが入りにくくなります。

今まではおにぎり一つで足りていたものが、胃袋が大きくなる事で2個でも3個でも満足出来なくなる。こうして食べ過ぎが続けば、胃袋も更に大きくなり、脂肪も蓄積される。そして、酵素も無駄に消費してしまう。

それも、ファスティングを行う事で大きく膨らんだ胃袋を元のサイズに戻す練習になり、ファスティングを繰り返す程に、胃袋が正常なサイズに戻ってくる。

そうすれば、再び少ない量でも満腹で居られるようになるので、無駄にカロリーを取り過ぎる事も無くなります。こうした胃袋の大きさを元に戻す方法としても、ファスティングは有効な方法です。

酵素不足を補う為の酵素ドリンクの驚愕の事実

かれこれ10年以上前から、万田酵素などの野菜や果実を発酵させてつくった酵素食品などがありますが、最近では、もっと手軽に飲むことが出来る酵素ドリンクが人気となって色々な種類が出始めています。

しかし、とても残念な事がわかりました。
それは、市販されている酵素ドリンクの多くに酵素が入っていないという驚愕の事実です。正確には、入っていないというよりも入っていたが加熱工程で死んでしまったと言った方が良いかもしれません。

日本で販売されている酵素ドリンクは、食品衛生法に基づく分類では、清涼飲料水になるとの事ですが、この関係で加熱処理しないといけない取り決めになっています。

pH4.0未満なら65℃(10分間)、pH4.0以上なら85℃(30分間)の加熱が必要となるようです。また、加熱できない場合は、これと同等以上の効力を有する方法で行う事が義務づけられています。

加熱処理が必要な以上、ほとんどの酵素ドリンクは、酵素が入ってはいるが生きていない(不活性)状態となっている事に変わり有りません。

でも、その一方でこうした酵素ドリンクがあり続ける事と実際に健康に良い働きをもたらしているケースも多い事はどうして起こるのでしょうか。

酵素の働き以外のサポート作用では?

酵素ドリンクと言っても酵素以外に含まれる材料に由来する栄養成分が入っていますので、それらの栄養が健康に良い働きをしていると考えられます。

野菜や果物に多いビタミン類だけでなく、色素成分は、加熱しても損失が少ないと言われているので、それらを摂取する事で体内の抗酸化力がアップすれば、身体も健康でいられるようになる事が期待できます。

中には、加熱への耐性を持っている酵素も有り、それらが含まれていた可能性も否定出来ませんが、ほとんどの酵素は、不活性状態となるので、やはり、栄養成分の吸収との関係が有力だと思います。

でも、それが事実だとすれば、酵素ドリンクではなく、抗酸化成分が豊富なサプリメントを摂れば良いだけの話です。

酵素を死滅させないフリーズドライ

酵素が加熱処理で失われてしまうという事で、最近では、低温加工やフリーズドライを行っている酵素製品が増えてきているようです。

そこで探してみたところ、スーパーフードに酵素、そして、乳酸菌も投入して発酵させ、その後低温によるフリーズドライという方法のサプリメントがありました。

スーパーフードと酵素。
最近良く聞くスーパーフードを摂れるだけでなく、一緒に酵素も補うことが出来る。

これなら、ファスティングに用いる酵素ドリンクの代用としてだけでなく、日頃の栄養補給にも十分に効果的かもしれません。むしろ、こちらの方が色々な面で優れている気がしなくもありません。